<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2011.10.05 Wednesday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2011.06.11 Saturday  祝10歳!





今年めでたく10歳を迎えられたワンコさん。

まさかこの数日後に失明という試練が訪れるとは、飼い主である私達にも想像もできないぐらい突然の出来事でした。

お誕生日ケーキをまっすぐにみつめるこの写真が、目の見えるワンコさんのたぶん最後の写真。



ある日、「おやつだよー」と言うと、いつものように大騒ぎ。
その場でクルクルまわるのも幼い頃からいつもの通り。

だけど…、目の前におやつをかざしても、目がおやつを見ていない。

悲しい出来事でした。




病院に連れて行き、まずは目薬で様子を見ました。

その日からみるみる元気が無くなり、噛む力が極端に衰え涎が止め処なく流れ、顔は変形するほど腫れていきました。



あぁ、もしかしたらもうこの子はだめかもしれない。
そんな弱気になってしまうほど、弱っていくワンコさんは辛い状態に見えました。




すぐさま再度病院へ行きましたが、原因がわからず。
大きな病院を紹介してもらうことに。
その際目薬を替えてもらったところ、噛む力と顔の変形が治ってきました。
もしかしたら目薬が合わなかったのかもしれません。




後日大きな病院へ。
脳に何かが起こったのかもしれないと思いMRIかなぁ?なんて思っていましたが、診断は「網膜変性」、脳とは関係ありませんでした。

その後、「突発性後天性網膜変性」か「遺伝性網膜変性」か調べますか?と言われたので、遺伝子検査を受けることにしました。

結果は遺伝性。

キャリアであることが判定されました。




そして先生からは思いもよらない言葉。
「この子は幼い頃から目が見え辛い子だったんじゃないか…?」と。


思い返してみれば、段差で足を踏み外しやすかったり、コケっとすることが多かったかもしれません。
それをただ単にどん臭いだけだと思い込んでいたのです。
早く治療を始めれば、もっと進行を遅らせることが出来たんじゃないか?
後悔は尽きず、ワンコさんにすまない気持ちになりました。


それから数日。
食欲も戻り、ゴンゴンぶつかりながら歩くことも多いですが、器用にテーブルの足を避けてスタスタ歩いたり、まるで見えているんじゃないかという強気な動きでちゃんと生活しています。

犬は視力以外も、聴力嗅覚がとても優れています。
もし私が視力を失ってしまったら、その現実を受け止めることも生活に慣れることにも、莫大な時間と努力が要るでしょう、でもワンコさんは逞しい!
こんなショッキングな出来事も、すぐに受け入れて順応する力、動物ってすごいな。


これからは今まで以上にずっと大事に暮らしていこう、ごめんね…ワンコさん。




2011.04.21 Thursday  東日本大震災





ちょっと迷いましたが、自分の日記として当時の事を書いておくことにしました。


3月11日、徐々に大きくなる揺れ、犬とテレビを両手で押さえ、窓の外に目をやると電信柱や電線、停まっている車も建物も、全てのものが波の様にうねっていました。

地震の度に思いますが、今度こそこの世の終わりなんじゃないかと強い恐怖に襲われました。

震度を見ようとテレビを見ると、次々に映し出される恐ろしい映像、津波。

この憎むべき自然災害が多くの尊い命を奪っていきました。



テレビに映し出される壮絶な映像が信じられず、ただただ恐ろしくて涙を流すことしか出来ず、自分の事で精一杯な自分が無力で悔しくて。

大事な人、大事な動物達、大事な家、大事な仕事場を、胸を引き裂かれる思いで失ってしまわれた方々の事を思うと胸が締め付けられます。

それから次々に自分の周りでも色んなことが起こり、それをただただクリアしていく日々。
被災地の方々の苦しみに比べれば本当に恵まれている状況なのはわかっていても、気持ちが落ち着かず、夜も眠れず、見えない恐怖に怯えていました。

そんな弱い私に元気をくれたのが娘です。
地震が来ると怯えるものの、知ってか知らずか暗くなりがちな家のなかで、普段と変わらず無邪気に笑う娘、娘がいることがとても救いでした。

地震を園バスの中で体験した娘、運転手さんがバスを停めて守ってくれたので、娘もそんなにショックを受けることも無かったようでよかったです。

知り合いの方の娘さんは、私立の小学一年生。
下校中電車にひとりで乗っていて、そのまま国立公園に避難させられました。
親御さんは血眼になって探し、やっと会えたのが夜中の2時。
娘さんは泣いてそのまま嘔吐してしまったそうです。
どんなに不安で怖かったことか。

昨日まで想像もしなかった事が突然起こりうる、平和が当たり前なんて思っていた自分が浅はかに思えました。

そんなネガティブなことしか浮かばない私でしたが、被災者の方々の前向きな思いを耳にすると恥ずかしく思います。


私も前向きな被災者の方々を見習っていこうと思います。
どんどんお金を使って日本を元気にしましょう、そして節電がんばりましょう。










2011.02.27 Sunday  まつだ桜まつり。

 

早咲き桜の河津桜を見に行ってきました。

ここでは晴れていれば富士山と桜が見られるのですが、この日は残念ながら富士山に雲がかかってました

だけど桜は満開♪菜の花も満開、あたたかくて気持ちよかったです。





到着後すぐにミニ列車の予約をし、お昼ゴハンを食べて太陽の滑り台へ。





こんな感じで桜に囲まれた滑り台で、とても気持ちよかったです!
娘にかこつけて便乗!「えーまたー?(ニヤニヤ)」とかいいながらしっかり3回乗りました

その後も娘はひとりで滑り台を往復し、なかなか飽きないので「ミニ列車に乗るよー」と強制撤収。





ミニ列車はロマンスカーとSLがありました。
SLは本物の蒸気を出しながらはしってましたが、私達が乗ったのはロマンスカー。

この日は子供中心でしたが、平日は大人にも人気だそうです。
出発地点から道沿いにすごいギャラリーに見つめられながら20分ほどゆっくり走ります。

途中桜のトンネルも通って素敵でしたが、奥地に行くと目の前に花粉たっぷりの杉の木のトンネルも現れたりするので怯えながら通過したりしました。笑。


久しぶりにカラフルなお花に囲まれた1日、もうすぐ冬も終わりなんですねー。




2011.02.23 Wednesday  4歳になりました。



娘が待ち侘びた日がやってきました。
クラスでも3歳はあと2人、みんなが4歳になっていくのが羨ましかったようです。


この一年は幼稚園に入園したこともあり、瞬く間にいろんなことができるようになりました。
運動面でも精神面でもぐぐぐーーーんっと成長、春には肺炎になっちゃったりもしたけど、
反面冬はほとんど風邪もひかずとっても元気です。

ひらがなは入園前にほぼ読めるようになり、今ではお手紙も書けるようになりました。
数字も100まで数えられるようになりました。
いつのまにか鉄棒で前周りできるようになってたし、運動会もお遊戯会も音楽発表会もしっかりこなしました。


4歳はどんな1年になるのかな?
病気になってわかった健康のありがたさ、今年は大きな病気をしませんように…。




2011.02.05 Saturday  ムーミン谷へ。




気になっていた場所へ行ってきました。

あけぼの子どもの森公園(通称:ムーミン谷公園)といいます、フィンランドではありません埼玉です。


坂道を登っていくと見えてきましたムーミン屋敷!
予想では安っぽいのを想像していたのですが、かなりしっかりした作りでとても素敵でした。

屋敷の前にはちゃんとあの橋がかかってます、感動。

屋敷の中は子供達であふれかえっていました、3階建てだったかな?
らせん状に階段があり、フロアごとに本物の暖炉があったり遊びゴゴロあふれた小さな小部屋や穴、窓、ドア、と子供も大人もワクワクしてしまいました。

残念だったのは疲れたパパが飾ってある小さな椅子で寝てたり、外のオブジェのようなベンチに荷物をバッサーと放置してあったりしてあった事。
せっかく雰囲気がいいのになんだか台無しでした。





ムーミン屋敷のそばには水浴び小屋もありました、そっくりー!

娘がいたく気に入ったのでまたいきたいなぁ。




2011.01.30 Sunday  くやしい!




今日も公園とポニー乗馬コース。
最近休みの過ごし方、コレ多い。笑。




娘さん、遊具で出来ないとすぐ諦めるタイプ。
でしたが、
今日の娘は一味違いました。

幼稚園のアーチ型のはしごのような遊具、これを出来ないことがひそかにくやしかったみたい。

公園にも同じような遊具があり、なんども挑戦していました。
頂上まではいけるんだけど、それ以上なかなか手が出ない。

「でーきーなーいー!」連呼。
「もういいよ、やめればいいじゃん」泣き叫ぶ娘がめんどくさくなり促したのは私。

それでもおろしては戻って登り、泣くを何度も何度も繰り返す。
よっぽど自分に悔しかったみたい。

最後には進めなくなった場所で「ぎゃーーーー!」と発狂し、つばを吐いて悔しがる程。




め、めずらしい。汗。




娘にこんな一面があったなんて驚いたけど、競争意識がなく平和主義な性格を少しだけ心配していたので嬉しい母でした。

最後は娘から改善案(私が上に上って待つ)指示され、泣き地獄は回避、娘も手を借りて最後の一歩を登って頂上へ。
出来たわけではないけど、今はその過程が大事だと思いました。
勢いづいた娘は他の場所にある同じ遊具をクリア!おめでとう。

幼稚園のはもうちょっと難しいけど、一生出来ないなんてことは無い!その調子でがんばれー。




帰りはみんなで青空カップラーメン。
ひとつをみんなで分けて食べる、体も温まって美味しいので冬の定番になってます。笑。




2011.01.29 Saturday  ジュエルミネーション。




よみうりランドが世界的な照明デザイナーさんにプロデュースされたとのことで行って来ました。
16時からナイトパスが使えるのでお得です。笑。





少しずつ陽も長くなってきたので、入園後1時間ぐらいは陽も差しています。
娘は

メリーゴーランド  6回
わんデット(ジェットコースター)  1回
スペースジェット(TDLでいうとダンボ)  4回
フロッグホッパー(すとんすとんと落ちます)  1回
わくわくドライブ(子供のみ、小さい車に乗ってグルグル)  4回
ミラクルわんルーム(おうちがグルグル)  1回
おばけやしき(ぜんぜん恐くなかった)  1回
ゴーカート(助手席)  1回

と、「もう一回!もう一回!」乱射であっというまにナイトパスの元を取る勢いで楽しんでおりました。汗。
すいていたので、乗って降りて次の回にまた乗る、なんてこともOKでした。



 


イルミネーションは100万球の電球を使っているということで、とても綺麗でした。
アトラクションも娘がいたく気に入ったみたいなので、期間中もう一回ぐらい行ってしまうかもしれません。




2011.01.13 Thursday  TDSとミラコスタ。


(実際は雪は降っていません
insta、twitterのフォロアーのみなさん、見たような写真ばかりですみません



TDLに行ってから2ヶ月弱、またかと言われそうですが娘が4歳有料になる前にガシガシ行きます。
夏に舞浜シェラトン+TDLに一緒に行ったm家族と一緒に、今度は憧れのミラコスタ+TDSへ。
今度は一番安い時期にディズニーホテルに泊まらない?という話からこの時期に決定。
安い時期とは言えどやはりお高いホテルなので、旦那様分が浮くのは助かる





今回の目的のひとつは「マイフレンドダッフィー」というショー!
そして既に娘のおやすみの友ダッフィーに、相棒シェリーメイを迎える事。
到着早々念願をかなえ、娘は嬉しそうにシェリーメイを抱いてシーを闊歩。
ランドではずいぶん減っていたけど、シーは抱いて歩く人がやっぱり多いねぇ。





娘たち3人はポップコーンをそれぞれ買ってもらい、むしゃむしゃ食べながら歩きます。
ゆっくりゆっくり、おひさまポカポカ。
この日はとてもすいていて、いつもなら平日80分待ちのアトラクションも15分ぐらいで入れたので、子供ペースでも結構たのしめました。


気になっていたタートルトーク(亀とおしゃべりするアトラクション)もいきました。
ニモ好きの娘が楽しみにしていたので、「質問考えといてねー」と前々から言ってありました。

200人入る展望室、前列は子供優先の席になっています。
ドアが開いてみんながドヤドヤと室内になだれ込み、最後の方に入ったけどなぜか前方の席は残っていました。
そこに娘たちを座らせ、親達は端の席へ。

亀のクラッシュが質問を受けたりお客さんをいじったりしています、CGなのに表情もとても自然でビックリ。
大人の男の人や、小学生ぐらいの同じく質問する気満々の前列に座った子達がクラッシュに指名され、あっという間に終了。

楽しかったねーと娘のほうを見ると、泣きそうなお顔。
そうだね、一生懸命手を挙げてたの知ってるよ、残念だったね。





移動中にアリエルやダッフィーとのグリーティングに並んで記念撮影したり、ところどころで遭遇する色々なキャラクターとふれあいつつ、バルーンレースやジーニーのカルーセルに乗る。
母達はi phoneで写真を楽しみました

晩御飯はヴォルケイニア・レストラン、これまたすいていてのんびり出来ました。


なんだかんだやっているとあっという間に閉園時間も近づき。
最後にもう一回娘にリベンジさせてみようと「タートルトーク」へ。
まだ3歳だからなかなか指名も難しいのかなぁとは思ったけど、だめもとで。

そしてお待ちかねの質問のコーナー。
娘は大きな声で「はいはいはいーーー!」
…なんとなんとご指名いただきました亀さんありがとー。

娘がした質問は、亀さんの世界ではありえない食べ物の質問
亀さんはしどろもどろになりながら、とはいえ流石、会場を盛り上げながらちゃんと答えてくれました。
困ったしぐさや、言葉の間、娘の自由な質問にも自然な動きで。
もう本当にそこにクラッシュがいるようでものすごく親近感がわいてしまいました。
3歳最後の良い想い出が出来たね、娘。


後ろ髪引かれながらシーにバイバイしましたが、泊まるホテルはシーの中!




もうこの先きっと泊まる事はない素敵ホテル口より退園。
そしてお部屋に戻ってもこの景色、テンションあがります。











夜、大盛り上がりの娘たち、また寝ないんだろうなぁと思ったけど、さすがに疲れたようでベッドに入るや否やの勢いで即行寝る。笑。

残念ながらホテル内にアルコールが売っていなかったのですが、夜更けまでゆっくり話し込んだ母達でした。


次の日、m家族は年パスを使ってランドへ。
私達はチェックアウトまで窓からシーを見ながら新聞読んだりお絵かきしたりしながらのんびり過ごして帰途。
魔法にかかっているような2日間でした。




2010.12.28 Tuesday  反省。



↑ママ友渾身のお菓子の家!!すごい。
今日も平和に遊んだ子供達、冬休みっていいなぁ。



3歳になって自分でできることが途端に増えた娘。
着替えも食事も、そして酔いつぶれた私の横でいそいそと取り込んであった洗濯物を全部たたんでいてくれたことも。

そんな娘を私は最近、一人前に近い扱いをしていたのかもしれない、まだ3歳だっていうのに。汗。

「なんでそんな簡単なこともできないの!」
「なんでそのくらいで泣くの!?」
イライライライラ。

そんな今日、遊んでくれたママ友のうちの子がそれぞれ眠くなっちゃって泣きながらママに訴える姿に遭遇。

「えーん、えーん」
涙をぽろぽろ流しながら、一生懸命自己主張している。
ママも一生懸命なだめようとがんばっている。

傍から見ているとなんだか微笑ましくて可愛い。
まだちいさいんだものね、そうかそうか、なんて思っている自分。


ん??そうか、娘もまだ3歳だった。


と今更ながら思い出した。汗。



家に帰ってから、歯磨きをしながら一生懸命おしゃべりをする娘がほっぺたを噛んで突然大泣き。



いつもならイライラしてしまう私だけど、今日は「可愛いなぁ」というワンクッションがありつつ慰めることができた。
自分の事ができない頃ってこんなだったなぁ、あの頃の方が余裕があったんだなぁって初心に帰ることができた。

ママ友達と子供達、ありがとう。




2010.12.27 Monday  クリスマス前後。



なんだかざっくりとしたタイトルになってしまいました。
書くことはたくさんあるんだけど、
PCを開かなくなってしまったので追いつかなくなってしまいました






先日着物をお借りした義姉へのお礼を買いに新宿伊勢丹のロクシタンへ。
お試しで我がガサガサの掌に塗ったクリームの浸透力の良さに、
思わず自分の分まで購入。
みんなが高いのに買ってしまう気持ちが少し分かってしまった。




22日はママ友たちとクリパ♪
シャンパンつきということで、初めて電車でgo!
娘は幼馴染くんたちと遊び、私は悩みを聞いてもらってスッキリー。






24日は予約していたケーキを三越に受け取りにいった帰り、
近くのSCに「おかあさんといっしょ」の9代目?おにいさんが来ていたので見に行きました。

子供達は舞台の前で見て良いよいことだったので娘は最前列へ。
「おにぎりの歌」で「♪今日のおにぎりの中身は?♪」という質問があるのですが、
「はいはいはいー!」とくい気味に食いついた娘はめでたくおにいさんにご指名をうける。

舞台に呼ばれ、向けられたマイクでおにいさんと歌まで歌わせてもらいました!!
当たり前ですが歌も上手で明るいお兄さんだったので、
2回目のショーも見に行ってしまいました^^


クリスマスプレゼントは、直前まで二転三転しハラハラしましたが、
最後はプリキュアのフラワータクトに落ち着きました。
ツリーにつるした娘手作りの紙の靴下の中にはサンタさんへのお手紙。

「みるくとちょこれーと」を手紙に描いてサンタさんに食べてねと書いてありました。
朝、靴下の中のサンタさんからのお返事を見つけた娘は早朝目を輝かせ報告に来ました。

純粋だなぁ…、汚れた私にはちょっとまぶしい娘でした。笑。

クリスマス、去年は落ちていたおもちゃをみつけたかのような薄っすいリアクションだったけど、
今年はリアクションよすぎて楽しかったです。






25日は昭和記念公園へイルミネーションを見に行きました。
この日は夕方まで富士山がくっきりと見えるほど寒くて空気が乾燥した日。
イルミネーションも花火もとても綺麗でした。













26日は東京競馬場へ。
有馬記念は惜しくも3連単の1頭のみはずし、さようなら夢の臨時収入。
でもとても盛り上がってお祭りみたいで楽しかったです。

その10分前に、娘も場内のパカパカ競馬場で本物のファンファーレとともに出走。


この白馬にまたがり、足でこぎながら進むのですが、
小さいのに一番大きな馬に乗ってしまった所為かどうか…、
結果はビリー^^;
でも楽しそうだったのでよし。



そして今日はサラブレッドに乗馬!!
私と娘がそれぞれ乗せてもらったお馬さんは、
マイネルミレニアム、芦毛の綺麗なお馬さん。
なんとお父さんはサクラチトセオー、その節はお世話になりました。笑。
旦那が乗せてもらったお馬さんは、JRAのCMで大泉洋さんと共演したお馬さん。
乗馬の後は、つながれている上のお馬さんをナデナデさせてもらいました。
娘の小さな手で鼻面をこしょこしょと撫でられて、目を細めてとても眠そうだったのが印象的。



…な、クリスマス前後でした。




/ 1 / 48 / >>

Profile

Category

Archives



admin