<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2011.10.05 Wednesday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2007.12.22 Saturday  ぷちクリスマスパーティ

p259
↑青いのが気になるみなさん。笑。

ぷちクリスマスパーティに誘ってもらいました♪

みんな今年生まれのベビ、早い人は6ヶ月ぐらいからちょこちょこ会っているので、毎回「これができるようになったね」とか「こういうことが好きみたいだね」とか、自分では気づかないようなことも教えてもらったりしながら、一緒にお互いの子供達の成長を見守ってきたお仲間デス。

大人5人とベビ5人、手作りのアップルパイやピザとかを食べながら、いろーんな(笑)お話に花が咲いて楽しいヒトトキを過ごすことができました。
まだベビたちはクリスマスを理解できないと思うので、大人達が楽しんだだけだったかもしれないけど、いろんな赤ちゃんと触れ合ったり、いろんな大人に遊んでもらったりする機会って本当に貴重だと思っているので、自分自身もリフレッシュできたし充実した1日を過ごすことができました。

最近、本格的に運転を再開して、ムスメちゃんとも気軽にオデカケできるようになってきました。
新車の購入も予定より早く決定し、新年にはソアラさんとお別れデス、ドナドナ〜。
ムスメちゃんが生まれてからは手狭で早く乗り換えたい〜と思ったものですが、別れが近づくにしたがって、シートのすわり心地や運転のしやすさ、機能が捨て難くもなるという往生際の悪さ。汗。
たくさんの思い出がつまった愛車とお別れするのは本当に寂しい〜。
でも新しい車が待ち遠しくもあります。笑。




2007.12.20 Thursday  はじめての後追い(私への)

p253

やっと、やーーーっと追われましたよ。笑。

他の方のブログを読んでいると、トイレにいくと一生懸命追ってくるとか、家事が進まないとか、お母さんは大変だけど、なんて可愛いんだろう!って思ってました。

ムスメちゃん、トイレにいこうが他の部屋にいこうが、「いってらっしゃーい、私はここで遊んでるから大丈夫、ふんふーん♪」てな感じで、一抹の寂しさを感じていたのですが、

今日のっぴきならない事情で、母に預けて一人出かけたのです。
ヒトミシリ真っ盛りなムスメなので、生後2ヶ月まで魔法の手で寝かしつけてくれた大好きだったはずな母のことはすっかり忘れて(涙)大泣き。

帰ってきたら、母に抱かれてタオルを握り締めてヒックヒック。
ミルクも30佞靴のまなかったそうです。

で、私を見つけるとまた大泣き、抱っこすると小さなオテテでギューーーっとしがみついてきました。
落ち着いたので下ろすとなんと私の行く先々に大泣きしながらついてくるではないですか!
しばらく着替えのために部屋を出ると、混乱したのか泣きながらズリバイで彷徨い、なぜか怖いはずの母のひざをドンドンたたきながら怒った後、泣きながら絵本を開いたり、おもちゃのボタンを押したり。笑。

こんなに私のことが必要だったのかと、実際後追いを目の当たりにして感動。
でも母が帰るとあっさりいつもどおり後追いしなくなりました。

ヒトミシリの延長線だったのかなぁ。
最近1メートルぐらい離れている人には、機嫌よく人に愛想ふりまけるようになってきたので、ちょっとはヒトミシリ軽減したなぁって思っていたのだけど。
なかなか手ごわいデス。笑。

p254




2007.12.18 Tuesday  クリスマスコンサート

p255

毎月遊びに行っているサロンで、ちょっと早いクリスマス。
チェロやフルートの落ち着いた演奏や、ギターでみんなで歌ったりして、ムスメちゃんと楽しんできました♪

p257

p256

一緒に楽しんだTクンとYクンハート
このサロンは月一の楽しみで、ヒトミシリのムスメちゃんも大変おせわになりました。
みんなに会うのもすごく楽しみで:)
ボランティア?の方がベビの数よりたくさんいらっしゃって、抱いてくださったり、おしゃべりしてくださったりで、毎月リフレッシュさせてもらいました。

1歳からはずっと行けてない子育て支援センターデビューかな?
今は同じぐらいの子たちと出会える場所がたくさんあるので、以前雑誌やテレビで見て恐れていたいわゆる「公園デビュー」という風習はあまりないみたいですね。
でもやっぱり近所の公園は徒歩圏内のお友達が出来る大事な場所、ドキドキします。

p258

話がそれましたが、この日ちょっとお姉さんの遊んでいる中に飛び込んでいったムスメちゃん。
赤ちゃんにもヒトミシリしてしまうムスメちゃんだったのでスゲー!と驚いたのですが、この直後泣きました(^m^)
おもちゃに向かって突進して、這い上がり、周りが見えなかったんでしょうか?
好奇心は旺盛みたいです(≧ε≦)プー




2007.12.13 Thursday  パパっ子

p249
ムスメちゃんはパパっ子デス。

一日のうち唯一のパパタイムはお風呂タイム、間違いなくその時を楽しみにしていて、パパが待つお風呂に連れて行くと、まるで獲れたてピチピチの魚のように、裸ん坊で足をビョンビョンと弾ませながら、奇声もあげ放題の超ハイテンション。

「じゃ、よろしく」とムスメを託し、お風呂の戸が閉まる間際に垣間見えるムスメちゃんの横顔は至福の表情で、キャーキャー楽しげな声を残して私は黙々とムスメちゃんのベッドメイキングに向かうのでした。

p251
↑ダンナに愛想をふりまくムスメ、後ろに私がいるんですけどぉ。汗。

ダンナもそんなムスメが可愛くてしょうがないらしく、先日「プァ〜パァァ」とポパイのオリーブのような声でムスメちゃんが叫ぶと、自分が呼ばれたかのごとく鼻の下を伸ばして大喜びしていました、嬉しそうだったのでそういうことにしときました(≧ε≦)プー

あと何年かしたらお風呂に一緒に入ることもなくなるだろうし、思春期になったら嫌われちゃうのかな?なんて寂しそうデス。
そんな男親が世の中にはたくさんいるんだろうなぁ。フフフ。

p250


***メモ***
耳鼻科で耳掃除してもらいました。




2007.12.11 Tuesday  ハーイ

p252

先日sサンの日記で、
娘ちゃんに「○○○○さーん」といって「ハーイ」と元気に手を挙げるという1人芝居を続けていたら「ハーイ」とオテテをあげるようになったというお話を読んで、やーん可愛い〜とデレデレしていたのですが、そういえばすっかりそういうコミュニュケーションを怠っていたということに気づいた私デス、ていうかもうそういうことが出来ちゃう月齢だってこともしりませんでした。汗。

で、慌ててまねっこしてみました。笑。
そしてできるようになりました!sサンありがとうございます!

恥ずかしそうに開いたオテテを挙げるムスメちゃんに萌えつつおーーーーげさに褒める私。

ワンコを6年間溺愛しています、トイレを成功したら大げさに褒めるという癖が、私の小さな脳に深く刻み込まれています。

なのでムスメちゃんもいつものテンションで「すごーーーい!天才ーー!いいこいいこーーー」と頭をくしゃくしゃにしましたが、果たしてこれでよかったんでしょうか。

犬界では常識(え、違う?)なのですが、ベビ界ではママ達にどんびきされそうです、気をつけなければ!

えっと、子供ってどのくらいのテンションで褒めればいいのでしょうか?




2007.12.10 Monday  女の子と遊ぶ。



写真を撮ったときは、椅子に立って子供達の視線を音でおびき寄せ(笑)パッと2人が見上げた瞬間「パシャ!」うまい!私天才!とか思ったんだけど(←バカ)思いっきりピントがはずれてましたorz

赤ちゃんの写真を撮るのって本当難しい、しかも2人!
そしてなりふり構わずコンディションを整え、もうその時にサックリとピントのことを忘れちゃう私の単細胞もなんとかならないものか。とも

ということで、ムスメちゃんが「ニャー」と産声をあげた23時間後に生まれたmちゃんのおうちに遊びに行きましたはち
実はムスメちゃん、女の子のお友達とゆっくり遊ぶのは初めて。
まだ赤ちゃんだから男の子も女の子もそんなに変わらないんだけど、こころなしか女の子らしい遊び方のようだったようなそうでもないような。笑。

mちゃんのぶたのおもちゃに入っていたコインをふたりでハムハムしたり、やりとり(?)したり、一箇所に座って仲良く遊んでる風。(←嬉!)
赤ちゃんにまでヒトミシリしてしまう、超ヒトミシラーのムスメちゃんですが、ありがたいことに本日まで遊んでくださったお友達のオカゲで、毎回少しずつ慣れる時間が縮まってきている気がします、mちゃんを含め、今まで出会ったみなさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです、これからもこのヒトミシリ親子をどうぞよろしくお願いします。(←この場を借りて)

mちゃんママのuサンとは到着後から4時間程ずーっとしゃべりっぱなしで、共通点の多さにすっかり打ち解けさせてもらいました。
出産の話や育児の話、ホルモンに伴うダークな気分(←謎)まで話してスーーーッキリ!
やっぱり同じような月日を経ている同士、解ってもらえると嬉しいし、自分だけじゃないんだと自信がもてます、ママ友達ってありがたいデス。




2007.11.30 Friday  ワンコさんとムスメちゃんの関係

p248

以前はおいでーと言っても遠くでニッコリ笑っているだけのムスメちゃんでしたが、ズリズリとやってくるようになりました、なぜか左手の結婚指輪をめざしていますけど、そしてすぐに満面の笑みで通り過ぎていきますけどとも

そしてとうとう「後追い」ちっくなものがはじまりました、といっても残念ながら私にではなくワンコさんへ(←寂しい)
ワンコさん逃げ回ってます、しかし動きはスロー「スススッ、サササッ」と一定の距離だけおいて移動、まだまだ余裕がある?
耳毛や尻尾をガッシとひっぱってはひきちぎるので痛そうデス。
最初はソファ2つを島のようにいったりきたりしていたのですが、ムスメちゃんが下から手を伸ばすようになって落ち着かないみたいデス。

ムスメちゃんはいくらワンコさんが逃げてもさほど気にしていない模様、鼻とかはそっとさわるのだけど、目の玉に指を突っ込もうとするのでそれだけは注意しています。

そして離乳食に興味津々のワンコさん、大好物のササミやトマトが入ってるんですもの。
初期のほんの数日間は残ったりしていたのであげてしまったりしたのだけど、それ以降はモリモリ完食してしまうのでおこぼれはありません。
興味深々で離乳食をくんかくんかしているワンコさん、途端にムスメちゃんは「あ〜っ!あ〜っ!」といいながら泣きそうになりつつプンプン怒るようになりました。食いしん坊なんです。笑。

ワンコに対してはアグレッシブなムスメちゃんだけど、たまにワンワンワン!と吼えた時の驚きようは見ていて面白いぐらいデス。
リアクション芸人もびっくりの驚き方をするので、抱いていたりするとその振動と硬直具合にこっちがびっくりしてしまうほどデス、たとえるならモロー反射の親分みたいな、ひさしぶりだなぁ、この動き。笑。




2007.11.27 Tuesday  ベビマ♪

p247
ずっとずっとやってみたかったベビーマッサージ。
やろうやろうと思いつつ月日は流れ、気がつけば一般的なベビマ講座の参加月齢を過ぎてしまい、乗り遅れちゃったなぁ…と半ば諦めていました。

そんな時ミクシのコミュで募集してるよーとママ友達におしえてもらい大喜びで参加♪
なんと車で送り迎えまでしていただいて、ドアtoドアだったのでムスメちゃんもベストコンディションでのぞむことができましたとも

実はオムツ外して裸ん坊で長い時間過ごしたことがナイ。(シャーされるのが怖くて)
はじめてじっくりムスメちゃんの蒙古斑をながめたのでした(^m^)
生活の木のスイートアーモンドオイルで先生の言うとおりにマッサージ。
やってもらうのもいいけど、やってあげる方も気持ちいいものだ。
他の月齢の若い子達はじっとしているのだけど、ムスメちゃんは途中から飽きてきて寝返りはうつわ、ズリバイでジリジリとすすんでいくわ(←捕まえようとしてもつるつるすべる、笑)だったので、最後は適当に撫でてあげるぐらいにしときました(≧ε≦)

先日エステで自分がやってもらったマッサージ、まだありがたみなんてわからないだろうが「いいなコノヤロ」と思ってしまう。笑。

これでこの冬のカサカサを乗り切れるといいなぁ、ついでに安眠効果も♪




2007.11.24 Saturday  結婚7周年その2

p243
カフェでお祝い2日目は、前日に9ヶ月になったムスメちゃんと、毎年記念日を一緒にお祝いしているワンコさんも連れて用賀倶楽部へ。

p245

この季節ムスメちゃん&ワンコさんが一緒となると、ここ数年記念日をお祝いしている葉山のottimoさんでは寒すぎるかなぁということで、今回は海から離れて都内のワンコ室内OKのカフェになりました。

p246

お料理は久しぶりのふわふわなオムライスハート
あのナイフを入れるとじゅわーっとトロトロな卵が広がってライスをつつみこむあのオムライスですよ!笑。

ムスメちゃんも珍ーしく周りの女子に笑顔を振りまいたりしてご機嫌、ワンコさんもおとなしく良い子にしてくれたおかげで、急いでかっこまないランチを堪能することができました。ありがたやー。

p244

ワンコさんは隣の席のイケメンさんに可愛がってもらって幸せそうでした(^m^)

ランチ後は飛行機少年だったダンナの希望で羽田を飛び立つ飛行機が大迫力で見える公園へ♪
いつも私が行きたいところばかりにつきあってもらってるので、ダンナ希望の場所へいけて私も後ろめたさを感じることなくてよかったデス。笑。
来年もこんな風にみんなで祝えたらいいなぁ。




/ 1 / 1 /

Profile

Category

Archives



admin